■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

クラムボン 祝!結成20周年スペシャルフリーライブ@代々木公園。
代々木公園のフリーライブなら行けるじゃん!
ってことでちびたち連れて行ってきた。
だいたい、クラムボン見るのだってどんだけぶりやら。
子供たちと言えば、ただ走り回るだけですが。

こういった光景自体がクラムボンらしい。


| ライブ | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
林檎博'14 ー年女の逆襲ー@さいたまスーパーアリーナ二日目。
林檎博を冠したライブです。
なんか特別な感じの名前になってますが、
最初の5周年の時はラフォーレ原宿でのイベントだったね。
あ、10年前。。。

まぁそれはそうとして。
後から聞いたテーマが、キャバレーっつーことで、
それはとっても納得。
妙な色気のあるステージでした。

浮雲さん大活躍。
「流行」よかった。

林檎博'14 ー年女の逆襲ー@さいたまスーパーアリーナ二日目
セットリスト

01.今
02.葬列
03.赤道を越えたら
04.都合のいい身体
05.やっつけ仕事
06.走れゎナンバー
07.渦中の男
08.遭難
09.JL005便で
10.私の愛する人
11.禁じられた遊び
12.暗夜の心中立て
(self cover:石川さゆり)
13.between today and tomorrow
14.決定的三分間
(self cover:栗山千明)
15.能動的三分間
16.ちちんぷいぷい
17.密偵物語
18.殺し屋危機一髪
19.望遠鏡の外の景色
20.最果てが見たい
(self cover:石川さゆり)
21.NIPPON
22.自由へ道連れ
23.流行
24.主演の女
(self cover:PUFFY)
25.静かなる逆襲

En1.マヤカシ優男
En2.ありきたりな女
En3.BON VOYAGE

| ライブ | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
観覧。
お兄ちゃんのトレーニングの途中から抜けて、
麹町の日テレに。
LIVE MONSTERの観覧です。
台風だったら・・・みたいな連絡が来てたけど無事スルーで。

集合場所行ったら、女子ばっか。
なんか、嵐の番組の観覧も同時だったらしい。
ジャニーズか。。。なるほど。

なんか前がやや押したらしく、
なかなか入れず。
どうもグループ魂だったみたい。

ファンクラブの募集できている観客なわけで、
待ってる間の会話が濃すぎる。
ペトがどうの、ハイエイタスがどうの。
・・・・。
うーん、何しろ東京事変のちょっとアイドルチックな部分て
どうにも違和感ぬけてこなったこともあって、
浮雲とか一葉さんのアレはあんまり興味が。。。。
だいたい、ペトロールズって普通の林檎ファンは知らんがな。
まぁいいんですけど。


さて、収録がライブから開始。
バンド編成はどーかなーって思ったら。
ギターが浮雲、ドラムが100sの玉ちゃん、
ベースが同じく山口さん。
そこは予測の範囲。
あれ?
元バタ犬で現マボロシのギタリスト、竹内さんじゃないのーーー!
衝撃。
さらに衝撃なのは、ピアノがヒーズミさん!!!
あがるなこれ。
浮雲に対して、今日は長岡くんなの?浮雲なの?
という、コア過ぎる野次が飛んでて浮雲が答えてました。
お好きな方をどうぞ、と。
なんだこれ。

竹内さんは、1曲目の「NIPPON」で引っ込んでしまって、大変残念。
続くは新曲の「ありきたりな女」、そしてラストが「丸の内サディスティック」。
「丸の内サディスティック」は英詩中心のやつだったね。
いやぁ、瞬間的に上がるライブでした。

で、続いてトーク。
結構林檎ちゃん喋ってたけど、
中村さん的には引き出しに困ってたよう。
やっぱ、変わりもんなんだよなこの人。
面白かったのは、中村さんがだいぶ黒い感じなとこ。
まぁそこは新たな発見でもないが、
はっきりドリカムに対して分析してて、
だいぶ大変なんだなぁ、と。
対して吉田さんはだいぶ楽観らしい。
女子ってそうなのかもね。

2時間の収録。
テンポよかったなぁ。
どっちかっていうと、中村さんすげぇなと思ったよ。


| ライブ | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
京都音楽博覧会2014@梅小路公園。
えー。
朝から娘さんを連れて新幹線で京都へ。
娘さんは新幹線、生まれて初めてです。

お膝に乗っけて行ったんだけど、
意外に富士山にはそっけない。
まだちびっこにはわからんか。

まだ残暑のある京都駅。
娘さんはどっかのゆるキャラに惹かれつつ、
梅小路公園へ。

ええ、初の音博なのです。

公園に着くや否や。
ああ、京都水族館!
思わず惹かれちゃう娘さんと、ライブは置いといて中にはいる。
はは。
ペンギンさんとか、娘さんはだいぶ楽しかったよう。
良かった。

水族館を出たからといって、ライブを見るわけでもない。
京都市電の静態保存のとことか、
ちびっこの惹かれるものはいっぱい。
またずいぶん立派なアスレチックがあって、
そこにはやっぱりちびっこが群がってるわけで。
当然娘さんもはしゃぎまくり。
はは。

tofubeatが聞こえてきてそろそろやばいので、
娘さん連れて会場に。

そう、もちろん林檎さん見に来たのです。

セットリスト

01.いろはにほへと
02.カーネーション (石川さゆり)
03.名うての泥棒猫 (石川さゆり)
04.最果てが見たい (石川さゆり)
05.丸ノ内サディスティック
06.歌舞伎町の女王
07.NIPPON
08.ありあまる富

石川さゆり、最近本当に仲良いですね。
歌舞伎町の女王なんかはもはやレア曲です。


くるりも見ずに早々に退却。
娘さんと一緒ですから。
新幹線でお弁当食べながら、途中で寝ちゃった。

娘さんのはじめて新幹線ものがたり。

| ライブ | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO 1日目。
今年のエゾロックではじめてきてから10年。
11回目。
あぁもうよくわからない。
今年も始発で跳ぶので羽田直行タクシーでちびたちと。
羽田空港に、佐藤水産のブースができてた。
やっぱANAだな。さすが。
新千歳へ。

ちびたちも大きくなり、飛行機代も結構かかる。
大変。
途中ホテルによって送った荷物の一部を受け取って、会場へ。

会場は雨でぐちゃっとしてるとか、そんな情報もあったけど、
風はかなり冷たいけど青空が広がる好天。
いやぁこんな過ごしやすいのも久しぶりだな。

少々不安だったドッペルギャンガーのキャリーカートも、
娘さんが喜んで乗ってくれて一安心。
少々重いが。

今年もちょっとだけエリアが変わった。
SUN STAGEなんか斜めってる。
あとシートエリアが草ぼーぼー。
そのせいか、あんまりみんな陣取ってない。
おかげでなかなか良い場所取れた。

一発目はレキシ。
最近は息子さんまで大のお気に入り。
娘さんももちろん。
なんて粋な趣味してんだろうね。
もうすぐ武道館だし、載ってますね。
やついいちろうとか、お約束のように登場。
素晴らしい。

快適ゾーンが作れたので、ちょいちょいご飯を買い出し。
UNICORNはおもねることなく、全員のリード曲を披露。
時間フルフル。
もっと近くで見たいなぁ。

何しろ今年は気候がよく、
日陰さえ作ればとんでもなく気持ちよい。
ここ何年も無い快適さ。
毎年こうだと相当良いね。

今日は早めの撤収なので、片付けてからちびたちをキャリーに乗せ
ご飯食べながらEarth Tent。
まぁ定番の店が多いのだけれども。

既にステージは規制が入ってた。
カエラちゃん7年ぶりだとさ。
そんなにかー。
「Butterfly」をアカペラから「リルハ リルラ」とまぁ、
盛り上がるねこの流れ。
何故か娘さんが、猛ダッシュでくるくるくるくる走り回り、
なんかノリノリでした。
カエラちゃん好きなのか。

夕暮れを経てホテルへ。
明日もこの天気がいい。


| ライブ::エゾロック | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
椎名林檎 ちょっとしたレコ発2014 〜横浜港へ逆輸入〜初日@横浜大さん橋ホール。
会社休んで万全の体制。
セルフカヴァーのリリースってことで、
色んな曲に期待があるのだがどこまでやるか、と。

みなとみらい線で行ったのだけど、
日本大通りで降りたらエレベーターでRIP SLYMEのRYO-Zに遭遇。
おおぉ。
なんだ林檎ちゃん見に行くのか??
どきどき。

チケットレスだったんだけどなんかやたら入場に手間取り、
30分以上遅れるという事件。
なんとか入ると関係者席の一つ後。
色んな人を見る。
やっぱRYO-Zがいたり、石川さゆりが着物姿でめちゃくちゃ目立ち、
箭内さんがいて、今回「プライベイト」のプロデュースをしたヒャダインもいた。
あと鈴木杏。
他にもいたけどそこまで確認しません。
はは。
ともさかりえいないな。
明日?
まぁそれはいいとして。

バンド編成は昨年のイベントの流れもあるようで。
アコースティックな編成ですね。
アコーディオンがあるってことは「愛妻家の食卓」とかやりそう。

開演。
「ポルターガイスト」から「母国情緒」。
あら、イメージとずいぶん違う感じ。
ソロ曲はともかく、事変の曲もやるのか。と。
やっぱり「カプチーノ」やったかと思えば
「SG」とは。
林檎さん割と衣装替えする人ですけど、
やっぱりイントロ曲「望遠鏡の外の景色」で衣装替え。
んーしかしもっとカヴァーやりまくるのかと思えば
そんなことでもないんだな。
丸山圭子とか、或いは全く別のカヴァーとか、
やるかなぁと思ってたのだが。
あ、「少女ロボット」はやった。
何気によくやってるけど、やっぱりかっくいいなーこの曲。
ぜひアルバムに入れてほしかった。

「愛妻家の食卓」やはりアコーディオンと言えばこれ。
嫁さんの大好きな「化粧直し」、そしてなんと宇多田ヒカル「travelling」。
これはびっくり。
アンコールは「逆さに数えて」「今夜はから騒ぎ」。

通すとソロシングルは皆無ですね。
最近「丸の内サディスティック」は本当にほとんどやらない。
あとやっぱり「木蓮のクリーム」やらんかった。
ぜひやって欲しかったなぁ。

01. ポルターガイスト
02. 母国情緒
03. カプチーノ
04. SG〜superficial Gossip〜
05. 労働者〜WorkSong
06. 喧嘩上等〜Smells Like Teen Spirit
07. 雨傘
08. 青春の瞬き
09. 望遠鏡の外の景色
10. 天国へようこそ
11. とりこし苦労
12. 少女ロボット
13. 遭難
14. 禁じられた遊び
15. 愛妻家の朝食
16. 化粧直し
17. 私の愛するひと
18. traveling
19. 主演の女

En1. 逆さに数えて
En2. 今夜はから騒ぎ

| ライブ | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
椎名林檎十五周年 班大会 平成二十五年浜離宮大会 ライブビューイング@六本木シネマ。
そんなわけで泣く泣くライブビューイング。
今や普通にやるようになったね世の中。
しかしまぁ、班大会と銘打って、
ファンクラブ限定だったはずが普通にライブビューイングて。
うーん。
少々勿体ない感が。

まぁそれはそうとして。

今回はアコースティック編成だから、
こうゆうスタイルのほうがゆっくりしていいかもしれないね。
たしかに。

今回のセットリスト、もちろん先頃の党大会のものに近いのだが、
やはり特筆すべきは谷口崇氏の招へいでしょう。
これはちょっとビックリ。
ていうかまぁ、コラボアルバム出したからまだしもとはいえ、
谷口崇どれだけ普通の人が知ってるのか?
いやいや、ファンクラブ限定だからいいって話はわからんでもないけど。
しかしライブビューイングしちゃってるしな。。。

うおおおお!
って感じですけどね。
宇宙アンテナ!ですね。

後は「茜さす 帰路照らされど」ですかね。
以前の「亀の恩返し」に行けてないので、
ライブバージョンを聞くのは初めてなのです。
いやぁ泣けるわ。
ただ「丸の内サディスティック」が聞けなかったのが。
しょうがないけどさぁ。。。。


椎名林檎 十五周年 班大会 平成二十五年浜離宮大会@築地浜離宮ホール 2013.11.29
セットリスト

1. 都合のいい身体
2. カーネーション
3. カリソメ乙女(TAMEIKESANNOH ver.)
4. MY FOOLISH HEART
5. 浴室
6. 熱愛発覚中
7. 茜さす 帰路照らされど…
8. becoming(with 谷口崇)
9. ありあまる富(with 谷口崇)
10. いろはにほへと
11. 錯乱
12. 罪と罰
13. 夢のあと
14. 孤独のあかつき
15. 今(未発表曲)
16. 月夜の肖像(栗山千秋)
17. おいしい季節(栗山千秋)
18. 旬
19. 女の子は誰でも

En1. 歌舞伎町の女王
En2. 幸先坂(真木よう子)


| ライブ | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑