■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO 1日目。
今年のエゾロックではじめてきてから10年。
11回目。
あぁもうよくわからない。
今年も始発で跳ぶので羽田直行タクシーでちびたちと。
羽田空港に、佐藤水産のブースができてた。
やっぱANAだな。さすが。
新千歳へ。

ちびたちも大きくなり、飛行機代も結構かかる。
大変。
途中ホテルによって送った荷物の一部を受け取って、会場へ。

会場は雨でぐちゃっとしてるとか、そんな情報もあったけど、
風はかなり冷たいけど青空が広がる好天。
いやぁこんな過ごしやすいのも久しぶりだな。

少々不安だったドッペルギャンガーのキャリーカートも、
娘さんが喜んで乗ってくれて一安心。
少々重いが。

今年もちょっとだけエリアが変わった。
SUN STAGEなんか斜めってる。
あとシートエリアが草ぼーぼー。
そのせいか、あんまりみんな陣取ってない。
おかげでなかなか良い場所取れた。

一発目はレキシ。
最近は息子さんまで大のお気に入り。
娘さんももちろん。
なんて粋な趣味してんだろうね。
もうすぐ武道館だし、載ってますね。
やついいちろうとか、お約束のように登場。
素晴らしい。

快適ゾーンが作れたので、ちょいちょいご飯を買い出し。
UNICORNはおもねることなく、全員のリード曲を披露。
時間フルフル。
もっと近くで見たいなぁ。

何しろ今年は気候がよく、
日陰さえ作ればとんでもなく気持ちよい。
ここ何年も無い快適さ。
毎年こうだと相当良いね。

今日は早めの撤収なので、片付けてからちびたちをキャリーに乗せ
ご飯食べながらEarth Tent。
まぁ定番の店が多いのだけれども。

既にステージは規制が入ってた。
カエラちゃん7年ぶりだとさ。
そんなにかー。
「Butterfly」をアカペラから「リルハ リルラ」とまぁ、
盛り上がるねこの流れ。
何故か娘さんが、猛ダッシュでくるくるくるくる走り回り、
なんかノリノリでした。
カエラちゃん好きなのか。

夕暮れを経てホテルへ。
明日もこの天気がいい。


| ライブ::エゾロック | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO 2日目。
二日目の朝。
普通に、ちびたちを起こして朝ご飯食べて、
あーだこーだやってるとあっという間にお昼近く。
そしてあんまり並ばないだろーと鷹を括ってた、
駐車場の行列が予想以上に並びまくり。
あれ?
毎年こうだっけ?

ギリギリだよ、もう。

今年もいつものようにカレー屋でカレーを食らう。
そしたら後輩ちゃんに遭遇。
よく会えたなしかし。

今日はなんといってもレキシのおじちゃん。
ずっと見れてないのでね。
なぜか、娘さんは「きらきら武士」が大好きなのです。
踊れるのです。
どうやらお星様の歌と同じようなもんらしい。
はっはっは。

渡辺美里もみたかったけどあんまり見れず、
そのままレキシのためRed Star Fields。
レキシはもうバンドメンバーも魅力よね。
何故か風味堂の渡さんはやたらいじられるが。
オッケンいるしー。
今日はタマちゃんだけどコマ坊もたまにやってるしー。

まぁそれはそうとして。
いきなり「きらきら武士」やって、とはいえやっぱりダラダラ始まって、
娘さんが踊ってくれて可愛い。
レキシのおじちゃん好きなんだって。
はっははは。

ユアソンが何時ものように音合わせから激しくやってくれて、
つつつーとスカパラ方面に。
道中に、何故かMountain Mocha Kilimanjaroがセッションしてた。
嫁さんが凄い見たがってたけど初日の深夜しかやってなくて、
まさに偶然。
嫁さんが釘付けの間に、
野菜いっぱい買って息子さんとアイス食ったりしてた。

さてスカパラ。
そもそもスカパラだってもう何年もまともに見れてない。
いやはや恐ろしい。
細美さんも伊藤さんも唄ってたね。
RSRならでは、だねぇ。

そのまま、小田和正に待機。
するつもりも、ジンギスカンが気になって、
お店の中に入ってしまう。
折しも雨も強くなり良いタイミングかも。
ほとんど小田和正見えないけどココ。

「ラブ・ストーリーは突然に」に一斉にどよめく。
流石はダブルミリオン。
みんな反応が違う。
小田和正、10年ぶりだけど全くキー変わらないね。
ほんと凄いねこの人は。

結局ジンギスカン食ってる間に小田和正も終了。
ありゃ。
そしてもう日も落ち、
親子連れはもう帰宅時間。
あああ。
早いよ。
でも仕方ない。

あっという間。
今年もRSRが終わっていく。
早いよー。
また1年、この為にがんばるんだなぁ。
サヨナラ、エゾロック。
また来年。

| ライブ::エゾロック | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO 1日目。
とうとう今年で二桁乗りました。
RSR、参戦10年目の10回目。
年取った。
しかし、家族とくるようになるって、
当時はホント考えなかったものね。
不思議な感じ。

昨年から駐車場が近くなったものの、
今年は何しろ朝一移動の現地入り。
3時半起きで羽田に向かい、
眠くて仕方ない子供たちは大人しいまま、
飛行機に乗って新千歳へ。
車の中でパンとか食べて、そのまま会場へ。
まぁ、道中は慣れたもんですが。

まず、駐車場に入れるのが大変。
こんなに混んでたっけ?
ってくらい、場内駐車場に入れるのが大変。
えらい並んでたけど、なんでこんなに詰まるのかよくわからん。

ギリギリ、間にあって入場。
なんか雷注意報出たり何だりの天候だけど、
何故かパラパラ降って晴れ間も見えたりする、という妙な天気。
このくらいがちょうどいいけどな。

今年はSun Stageではなく、Red Star Fieldsで迎える。
怒髪天もみたかったけどね。
TRICERATOPSとか民生さんとか、
移動を考えるとハナからこっちにいた方がよい、と。
ご飯近いし。
早速色々食いつく。

何年振りかわからんけど、まずはOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND。
こんなにエロい人たちでしたっけ??
はっはっは。
初っ端にはちょうどいい。
良い感じで見て、娘さんがラーメン食いたいというので、
仕方なくSun Stageの方へ移動。

うーむ、今年はラーメンエリアが遠かった。
ラーメンエリアで食ってるものの、
安藤裕子もみたいしミヤトラみたいし。
細見さんがアコースティックで音合わせしている中、
お兄ちゃんと一緒にRed Star Fieldへ。
安藤裕子のリズムは心地よい。
暑い中癒されますね。

終わりくらいにRAINBOW SHANGRI-LAへ移動。
ちび一緒だし、外で見ようかなーと思ってたら
サイドが結構ざっくり空いていて、外からもよく見える。
良いですね。

宮沢一史&TRICERATOPS。
トライセラはRSR初だって。意外。
そうだったけか。
「FLAY AWAY」に「風になりたい」と、
サービス満点な楽曲が続く。
かっこええー。
特筆は「FERVER」だね!
サイコー。
お兄ちゃんが肩車されながらキャッキャいってたので、
それまたよかった。

Red Star Fieldへ戻りがてら、民生さん。
花畑牧場のホエー豚丼食いながら。
今日はもうそろそろタイムアップなんだよな。
残念。
深夜のEgo-Wrrapin'とかやばいのにね。

札幌の宿へ。
明日もあるのだ。


| ライブ::エゾロック | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO 二日目@石狩湾新港樽川埠頭野外特設ステージ。
今日もエゾロック。


昨日と同じあたりに基地を作り、
プリンセス プリンセスを待つ。
プリプリは見ることないだろうと思ったけどなぁ。
わからんもんだね。

もちろん「DIAMONDS」「世界で一番暑い夏」「M」とまぁ、
当然のように代表曲をやるわけだけど、
岸田香の声の出ように驚くね。
1年かけて練習したと、何度も言ってたけど、
ボイストレーニングも本格的にやったんだろうね。
て、ソロちょいちょいやってましたけれども。

終わってから、会場をちょっとうろちょろと。
お店はまぁ、フェスの定番のお店もあれば、エゾロック定番のお店も。
祭太郎の場所があそこじゃなくて、EARTH TENT裏に移ってた。
なんか原野にさみしいぞ。
今回はEARTH TENTのほう行く予定ないんだよなー。
行けるかなー。

SUN STAGEそばのdef garageへ。
アルカラ見たかったのだが、入場規制で入れず。。。
残念。
仕方ないので外で聞く。
息子さん、何やらアルカラがお気に入りなのか、
入場規制中だってのに人混みに何度も突進する。
こらこら。
好きな音楽なのか、ぴょんぴょんしてた。
通だね。

次がASIAN KUNG−FU GENERATION。
娘さんと一緒にかき氷買いにいってたら、
いつの間にか「迷い犬と雨のビート」が流れてる。
おおっと。
なんだかベストアルバムみたいなシングルばっかなセットリスト。
「ループ&ループ」「リライト」「君という花」
なんだこれわーーーー
でも「新世紀のラブソング」をやってくれなかった。
ちょー残念だ。
ちなみに息子さんは「君という花」で暴れまくって疲れたらしい。

さて、移動。
以前SUN STAGEがあったところを通って、
RED STAR FIELDSへ。
こちらも若干位置関係が変わったのよね。
ちょうどSCOOBIE DOの終わりごろ。
「Funk-a-lismo!」やってて、おおお。
最近見てなかったからなー。
なんかエゾロックでも、深夜ばっかやってたしなぁ。
END曲にはなんと「夕焼けのメロディー」
ぬおおおお。
なんて懐かしい!いいねぇ。

お目当ては今年の新ステージRAINBOW SHANGLI-LAでの
フィッシュマンズ。
7年ぶりか。
7年前のステージは本当に素敵だったな。
みんな泣いてたなぁ。
よく考えたら当たり前なのだけど、
思いっきり入場規制してた。。。。
おお。
で、みんなスクリーンに体育座り。
仕方ない。

息子さんぐーぐー寝てたし、
端っこで椅子おいてみる。

ライブ中にラーメン買おうとしたら、
堂島くんとノーナのこま坊に遭遇。
きゃー。
握手してもらっちた。
戻って嫁さんに言ったら、
嫁さんも娘かけて猛ダッシュして握手してもらいに行ってた。
らっきー。
全然フィッシュマンズ、見れてないですけれど。

これにて今年のエゾロックはおしまい。
当然見たいの大量だけど見れない、
これがキャンプ張ってない子連れの限界。
悲しい。
仕方なし。

来年はどーなるかなぁ。
楽しみだなぁ。

| ライブ::エゾロック | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO 一日目@石狩湾新港樽川埠頭野外特設ステージ。
9回目のエゾロックは、湿りがちに。
いやー雨なんてあんま考えなかったのよね今年。
荷物増えるなー。

午前中は嫁さんが娘さんと一緒にお友達の家に行く、
ということで息子さん連れてアウトレットへ。
なぜなら長靴買ってない。
雨がどの程度になるかわからないが、
あの数年前の惨状を考えると買っとかないと。

昼には嫁さんと合流して、会場へ。

今年はレイアウトが大幅に変わった。
そして、駐車場は従来の第一駐車場が場外駐車場になって、
新たに会場近くに駐車場が設営。
お値段も違う。
いやぁ、これは会場に近い!と思ってたけれども、
本当に近い!!
そしてゲートが二つになったおかげで、
例年2時間は並んだ入場があっという間に。
ほらね。
ていうかさ、なんで今までゲート二つにしなかったのか。。。
毎年大きな疑問でしたけれど。
ついにクリアされて、快適。


初日のSUN STAGEは15時から。
基地作って、フジファブリックにそなえる。
その前に、近くのお店を見ていこうとふらふらして、
SUN STAGEわきにジンギスカンのバーベキューを発見。

結局3人編成になって初めてのフジファブリックを見ずに、
ご飯をかっくらう。
ウマー。

次がPerfume。
いつやぞよのカウントダウンジャパン以来かな。
MCに風格すらありますね。

そんな中、娘さんご執心。
こんなちびでもこの爆音で寝れるもんです。

続いて初めてのRADWIMPS。
いいセットリストでした。
「有心論」もよかったが、「おしゃかしゃま」が非常に良かった。
時間帯も、ちょうど日没で。
それにしても若い子多い。
ほんと人気ありますね。


そして斉藤和義。
1曲目から「歩いて帰ろう」をぶっぱなす。
せっちゃーーーん。
何しろビビったのは、THE HIGH-LOWS「青春」のカヴァー!!
うおおおおお。
思わず動揺してしまった。
なんか、カヴァー作品とか出したっけ?
なんでこれやったのかな。

初日はここまで。
子連れにはなかなか長居できない。
片づけるのも大変だし。
明日も大変。

| ライブ::エゾロック | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZO 二日目@石狩湾新港樽川埠頭野外特設ステージ。
二日目。
今日は何と家族全員で行く。
つまり、2カ月の娘さんも。
娘さん、早くも夏フェスデビュー!!
どきどきどきですよ。
息子さん以上に。

当然万全を期して行かねばならない。
二日目は13時から開始だけど、
この晴天ではキケン過ぎるので夕方から参加することに。

とりあえず、16時前始まりのAOEQ狙いで。

しかしちびさんは何があるかわからない。
駐車場にたどり着いたものの、
娘さん号泣。
うおおお。
授乳したりしてなだめる。
動けねーし。

時は過ぎ、17時近くになってようやく動く。
あー。
これはもう、YO-KINGどころか、
あら恋も見れませんね。。。

とえいあえず会場へ。
Bohemianに向かう。
昨日はこっちの方行かなかったから、今年初。

なんかこのSUN STAGE脇の道、年々出し物凄くなってない?
人多いし。
途中、RED STAR FIELDSでDOES。
かっちょえーなー。
そーいや、twitterで、今日中村達っちゃんがセッションやるって。
そうそう、斉藤和義とのコラボもやるって。
いやー。
いいなー。
今夜だって。
見れねー。

GREEN OASIS付近。
人の多さに、Bohemianに行くこと断念。
もうすぐ高橋優だし、そっち見よう。

当然、はるか遠くから見る。
結構人いるね。
思ったよりもずっと歌うまいね。
あーもっと近くでみたーい。
ちびたち、早く大きくなれ。

The BIrthdayの横を通る。
あぁ何しろかっこいいな。
哀しくもそろそろ撤退準備しなくては。
ちびさんたち、お食事させないと。

CRYSTAL PALACEのそばまで行って、
色々買い出ししてご飯食う。
娘さん、椅子の上に乗せてたら、
もうニコニコニコ。
娘さん、十分楽しんでるようです。
とおちゃん嬉しいよ。

BIGMAMAを聞きながら帰宅。
あー夜はこれからが本番ですよ。
4人の侍とかさー。
まじみたいよ。
夜明けー。

↓夕暮れ。


心から早く大きくなって欲しい。
子供たち。
そしてとおちゃんたちと一緒に遊ぼう。

何年後かなー。

とりあえず、来年も頑張ろう。


| ライブ::エゾロック | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZO 一日目@石狩湾新港樽川埠頭野外特設ステージ。
8度目のエゾロックを迎えました。

今年は、まず息子さんと二人。
娘さんと嫁さんは、札幌でお友達に会う、ということで。
どきどきですよ。
最近甘えっ子の息子さんは、
ママいないと大変なので。

今年はしかし、新兵器が!
そう、Phil&Tedsのベビーカー。
何しろエアータイヤ、そしてクッション付き。
UVカットも、雨よけも完備。
荷物スペースも申し分なし。
息子さんも快適、とおちゃんも快適!
どうだ!!

去年はアレな天気で凄まじい悪臭がしたものですが、
今年はどうやら晴天続きのよう。
いいよ、望むところです。
砂埃がなんだ!

何時ものように、朝一で向かう。
例年、朝一番の飛行機で強行軍なんだけど、
今年は前日入りしているので、
比較的ゆったりと向かう。
そしてこれまた、第2とか第3駐車場への呼び込みに負けず、
第1駐車場へ向かう。
入場ゲートから一番近い第1駐車場でさえ、
徒歩15分もあるのがライジング。
第2駐車場とか、死にますから。

予想通り、すんなり入れた。
しかもなんか、今年は第1駐車場もすいているなぁ。

万全の態勢で入場ゲートに向かう。
時刻は11時半。
もうとっくに入場は始まってる。
が。

毎年毎年のこと、なのだが、
どうしてRISING SUNは初日の入場にこんなに時間かかるかね。
その昔はROCK IN JAPANとかも酷かったけどさ。
FUJI ROCKもね。
でも、ROCK IN JAPANなんて劇的に早くなったしさ。
どーにもRISING SUNは、時間かかるんだなぁ。

理由は解る。
ライブよりキャンプ!と言えちゃうほど、
キャンプが楽しいのがRISING SUN。
そりゃ、荷物も膨大。
だから混む。

けどさー、キャンプしない方のゲートも激混みなんだよね。
実は最速なのは、当日券を会場で買うっていう人だったりする。
どーなんだこれ。

直射日光が照る人ごみの中、
必死に息子さんと遊びながら頑張る。
風があっただけ、今年はマシだったな。
そしてPhil&Teds偉大だ。


今年はなんか、入場ゲートの先にアーチがなくて、
こんなオブジェが迎えてくれた。
あー、帰ってきましたこの場所に。

ますは腹ごしらえ。
ちびさんも食べさせなきゃいけません。
ローソンに行って、コラボ商品を買う。

おにぎり(シャケなベイビー200円)
RISING SUN(3)色パン(130円)
息子さん、三色パン食いまくり。

続いてオフィシャルグッズのブースへ。
今年も事前予約で買いました。
だって並ばなくていいもの。
途中、CRYSTAL PLACEとか。
今年はいけないわな、ベビーカーだからな。。。

こうみると、ほんと広い。
今見てる範囲、全会場の半分に過ぎないものね。

オフィシャルグッズ受け取って、一端SUN STAGEへ。
途中コロンビアのブースによって、椅子を購入。
いやー今まで毎年迷ってたけど、ついに買ったよ。
快適だもの。
基地を作って、横にベビーカー。

正直これ以上近寄れない、ステージには。
ちびさん、爆音でびっくりしちゃう。

SUN STAGEにて朝礼が始まったとこで、移動。
EARTH TENTのほうへ。
ONE OK ROCKを見る。
と言ってももちろんちびさんが居るので、
遠くのサンクスがある当たりらへんからちょい見。
爆音。
ちびさん、いつの間にかすやすや。
すげー。

が、やっぱ起きる。
泣いたので逃げるように撤収。
あぁぁ途中なのに。
KIDS GARDENに逃げ込む。

去年もきたけど、素敵ですね。
願わくばもう少し広いスペースだといいんだが。
ちびっこ大量。
そして暑い。
この人数じゃ、扇風機一台はつらいなぁ。

ころ合いを見て基地へ。
B.B.クィーンズ。
これ見たかったのです。
ちびさんと踊ろう。

初っ端からトチる坪倉さん。
ええええ。
そして当然のように「踊るポンポコリン」
わはは。
ちびさんと踊りました。
そして「ギンギンギラギラパラダイス」!!
アツイ。
これ、小学生のころ、クラスの歌ってやつになって、
ガンガン歌ってました。
ちょーなつかしい。
近藤さんのソロとかは想像していたが、
まさかまさかの宇徳敬子のソロコーナー。
しかも、Mikeの「想い出の九十九里浜」!!
笑える。
そーきたか。
宇徳敬子はソロでもなかなか良い曲あるのですよ。
「まぶしい人」とか。
超マニアックですか?

やはり外せない「ドレミファだいじょーぶ」はいいとして、
まさかの「踊るポンポコリン」二度目。
しかもちびまる子ちゃんとたまちゃんの着ぐるみ登場。
ええええ。
ええええ。

なかなかぶっとんだステージではありました。
面白かったけどね。
息子さん、なんだか楽しそうだったしね。

さて、今日はここで打ち止め。
あああ。
2組しか見てないってどーいうことだ。
遠いところでBase Ball Bearが聞こえる。
見たいよー。

しかしとおちゃんのみだと。
うう。
いいんだ。
明日も行くんだ。
頑張るんだ。

頑張ります。

| ライブ::エゾロック | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑