■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

ARABAKI ROCK FEST.04292005。
今年最初のロックフェスティバル、ARABAKI@仙台港。
ハチャメチャなスケジュールで参戦してみた。

行きは新幹線。
ってことで、10:00の開演に間に合うよう、始発で東京駅に。
まーがんばれば座れるかなぁと思ってたら。

甘かったです…。

さすが最長10連休になるGW初日。
自由席なんか座れるわけが無い。
鮨詰め状態で、6:00東京駅発の東北新幹線に乗る。

ひー、辛いよ眠いよー。

なんとか、8時半に仙台駅着。
そこから会場の仙台港へ、仙石線で多賀城駅に向かう。
しかし、こっちの在来線て、手動でドアの開閉やるんだね。
同じJR東日本なのに、なんでこうも違うんでしょう。

本日快晴です。
会場の仙台港、埃まみれ。
入場前に、一緒に参戦の職場の方に会う。
あちら、4人券のため、東京からの車組3人の到着を待たないと入場できない。
・・・って、車組はいまだ福島らしい。
間に合わないんじゃ???

とりあえず自分は単独行動なんで入場。
本日一発目は、椿屋四重奏です。
BAY SIDEの本会場から少し離れた、ACCEL SIDEにあるACCELホール。
少しって、大分遠いじゃんか。
これ、移動キツイな。

椿屋四重奏は去年のROCK IN JAPAN以来2度目。
っつーか、ヴォーカルの中田裕二が、あまりに他の二人と比べて垢抜けてたんでびっくりした。
かっけぇじゃん。
っていうかこいつ年下じゃん、確か。
うっきゃ。
何しろ、仙台は彼らの地元であるわけで、盛り上がりもハンパない。
なかなかカッコよかった。
満足。
最後まで見たかったが、20分ほどで切り上げて移動。
そうでもしないと間に合わないのよ、このACCEL SIDEとBAY SIDEの移動。遠すぎる。

次は、11:10よりASIAN KUNG-FU GENERATION。
つかここ数ヶ月で何回見ることになるんでしょう、彼らを。
さすが、今最も勢いのあるバンド。
人がクソ多い。
なんとか前列の通路側端を確保。
久々だぁこんな位置。
セットリストはまぁ、イマイチといえばイマイチ。
「振動感」〜「リライト」っていう流れは前回のツアーと同じ。
ただ、「Re: Re:」の後のセッションが素晴らしかった。
やるじゃんアジカン!って感じ。
ラストはやっぱり「君という花」だった。
うがーっ埃まみれ!

終わったら即再びACCEL SIDE。
11:40スタートのスクービードゥーが見たい!
何しろ今回はスクービードゥーTシャツ着て参戦なわけだよ。
いかないわけにはいきません。
アジカンが40分に終わって、ダッシュ!

・・・ラスト1曲しか聴けなかった。
小山周の投げキッスくらいしか収穫なし。いつもやってるジャン。
きぃぃ。
この距離の移動無理ありすぎ。

次、また移動。
ほんとはACIDMANを一度見ておきたかったんだが、同じ13:00スタートでthe pillowsが控えてる。
全然詳しくないからみたかった、ってことで、ピロウズ見てた。
新曲やってました。
6月に出すらしい。
そこで、東京組と合流。
おお、間に合ったんですね。
アジカンやモンパチには全然間に合ってませんが。
出店で飯を食う。
色々いっぱいでてる。
もちろん仙台名物牛タンとかも。
ラーメンもカレーももちろんのこと、怪しげなシシカバブやらオリジナル料理まで。
これがフェスの醍醐味だよね。
これって、経験した人しかわからない。

そのまま会場入り口付近のTAGAJOステージに移動。
東京スカパラダイスオーケストラ。
スカパラ素晴らしかったです。
好きな曲のオンパレード。
うわー最高!!
やっぱツアー行きたいです!行きたいです!

おし、こっからACCEL SIDEに移動してストレイテナー見に行くぞ!
と気合が入るかと思いきや、ダウン。
超長距離移動&快晴の太陽のせいで、かなりダルくなってた。
一休み。
あぁぁでも公開。ストレイテナー見たかった。
ゆっくりと、ACCEL SIDEに移動してセカイイチを見に行くことにする。

セカイイチも初めて。
アツイバンドですねぇ。
割といいかもしれない。
今度ちゃんと聞いてみよう。
続く、風味堂。
風味堂のパフォーマンスは3度目かな?
しかし、あまりに客がいなくてびびる。
やばくないかい?
まぁ、予定時間より早く始まったとはいえ。
でも、かなりライブうまいと思うんだけどなぁ。
トークも悪くないしさ。
次につばき。
つばきは初めて見る。
メンバー構成もよく知らんかったんだが、いかった。
今回のフェス、収穫多い。

しかして、疲労は限界に近い。
LOST IN TIME見ようと思ってたけど、体が無理無理いってるので、またBAY SIDEに戻りTHE HIGH-LOWSに備えよう。
と、途中、多賀城東小学校BRIGHT★KIDSというのを見る。
なんとビックバンドジャズじゃないですか!
映画「スウィング ガールズ」ばりじゃないか。
ソロパフォーマンスもちりばめられ、とてもステキでした。
スゴイスゴイ。
舐めたもんじゃないね。
見てた人からアンコールさえ起きた。
口々に、CDかおっか、なんて言葉が聴かれて。
音楽っていいね。
カッコイイよ。

で、UAをそのまま見ようかと思ったんだが、JUDEを見ることにする。
っていうか、何度も移動するのに限界を感じた。
おなじステージで、ハイロウズもやるし。

すっげー遠くでJUDEを眺める。
あぁ体限界です。
THE HIGH-LOWS。
予定では、コレが本日ラスト。
あぁぁすっげーーー。
万を明らかに超えている観客が、一斉に飛び跳ねる。
マーシー裸!さすが。
「青春」聞けた。
っていうかもう無理です、体限界です。
まだ続いてたけど抜け出して、他の人たちとの合流点に向かう。

睡眠時間2時間ほどでフェスに行くなんて、やっぱ無理。
何しろ超長距離移動してるし。
疲れたー。
ARABAKIのTシャツ可愛かったのに買えなかったし。
残念。

合流して、宿へ。
なぜかGUSTOでメシ食って、だらだら喋ってた。
疲れてるのにねぇ。
寝る。
そりゃもう、寝る。


-------------------------------------------------------------------------------------
PV no.31
リライト / ASIAN KUNG-FU GENERATION (2004 Ki/oon Records)


ASIAN KUNG-FU GENERATIONの4連続リリース第一弾。
アジカンのビデオクリップの中でも凝ってるクリップで、何故か宙に浮いたりする。
なんでだ。
すごく脈絡無いと思う。
ロックな感じがして凄く好きなビデオなんだけど、どーもそこだけ納得できん。
うーん。理解に苦しむ。
いやほんと。
なんなんだろう、ここで言いたいことって。



ASIAN


軋んだ想いを吐き出したいのは
存在の証明が他にないから
掴んだはずの僕の未来は
「尊厳」と「自由」で矛盾してるよ
歪んだ残像を消し去りたいのは
自分の限界をそこに見るから
自意識過剰な僕の窓には
去年のカレンダー 日付けがないよ

消してリライトして
くだらない超幻想
忘られぬ存在感を
起死回生
リライトして
意味のない想像も
君を成す原動力
全身全霊をくれよ

芽生えてた感情切って泣いて
所詮ただ凡庸知って泣いて
腐った心を
薄汚い嘘を

消してリライトして
くだらない超幻想
忘られぬ存在感を
起死回生
リライトして
意味のない想像も
君を成す原動力
全身全霊をくれよ


-------------------------------------------------------------------------------------



| ライブ::荒吐 | 11:59 PM | comments (2) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑