■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

ほんとの愛国心て。
驚いた。
小松左京が亡くなったニュースは、
あぁ、そんな年だよね、と思ったが、
rei harakamiってそんな年だっけ?

40歳て。
若いよね。
脳出血か。。。

今日はフジロックの前夜祭。
いよいよ夏フェスシーズン本格化。
確か、ロッキンとか荒吐のラインナップにも、
出ていたよね。



嫁さんが、WOWOWで流れた、
イングロリアス・バスターズを録画していて、
今日見ていた。
R15ですけれども。
まぁ我が家のちびっこたちは小さすぎる。

嫁さんに質問される。
いわく、「何故ヒトラーはユダヤ人を迫害したの?」

大変難しい質問です。
博士論文だって余裕でかける議題だ。

ひとしきり、キーワードを挟み答えたけど、
伝わってるんだかかどーか。
だいたい、「民族=国家」、に陥りがちな日本人。
なんともねぇ。

そういえば折しも話題な、
宮崎あおいのダンナの高岡蒼甫。
フジテレビが韓流ドラマ流しまくってることを、
先の震災と原発事故も相まって、
「日本人の危機感」と称して警鐘を鳴らしている。

「気持ち」はよくわかるけどね、題材が的外れだよね。。。
営利企業足るフジテレビに対して、
公共体たる行動を過度に求める、ってのは、
最も成功した共産主義と形容される日本的な感覚なのか。

まぁそれはいいとして。
「日本人が日本人らしく」
「売国を食い止める」
こんな発言を見るに、彼の言いたいことは、
韓国ドラマがどうこうでは無い。
ということなんでしょう。むしろ。

身近なものに危険が及んでるかも知れないのに、
(呑気に)異文化のコンテンツが流れているテレビ。
これって平和ボケじゃないか。
そんな感じの、危機感を訴えたいんだろう。

この手の所謂民族主義的な発言というのは一般的に、
何故か深い意見になってないように思う。
自分の体験に基づく希望に似た気持ちに留まっている、というか。

要は不必要なまでに排他的に聞こえるのだ。

まず大前提として、ナショナリズムの肯定と否定について、理解が必要だと思う。
けどこれがまず無い。
ナショナリズム=正しい考え、から端を発している。

そして特に「民族=国家」、つまり「日本人=大和民族=日本国」が前提で。
その方式の不備に疑問はないし、指摘の意味も見出せない。



いやね、子供を持って、たまに考えるのです。
ちゃんと色んなベースになることを教えて、
その上で彼らなりに答えを出すことを身に付けないと、
こーなっちゃうよなぁ、と思うのです。

自分の出身に対して愛着を持つこと、
これはごく自然な気持ちなんだと思う。
オリンピックとかで日本代表が勝てば嬉しいし、誇りに思うわけで。
その気持ちもとても大切で。
その気持ちが共同体への愛情の根幹で。

根幹の上に、人があり、郷土があり、地域があり、国があり。。。
それぞれをちゃんと考えて、愛するということ。
結果として「愛国心」となれば、健全だと思うのです。

なんかね、世間で一般的に使われる「愛国心」て、
なんだか排他的で嫌いなのです。
それこそ、ヒトラーみたいで、ね。

歴史教育だけじゃ、足らないね。
ただ字面を覚えてちゃ、さ。

たとえば、東北地方。
かつて朝廷と闘った、朝廷に蝦夷、と呼ばれた人たち。
征服された彼らの子孫は今、
多くの文化が侵略され、幾つかは残り、
いつの間にか「大和民族」として、
その文化を継承しているはずで。

「日本人=大和民族、或いはアイヌ、琉球」と言っても
違和感を感じないのは、事実でも。

日本人、って何さ?
売国、って何さ?
そもそも、国って?
子供たちのため、なの?
って。

子供たちが、その曖昧なままの「愛国心」で死なないように、
ちゃんと「愛国心」を考え、伝え、考えさせなきゃいけないんじゃないか。
そんな風に思うのです。

| 日記 | 11:59 PM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑